静岡県立浜松商業高等学校

学校紹介

住 所 〒432-8004 静岡県浜松市中区文丘町4番11号
電話番号 053-471-3351
FAX 053-475-2109
校 長 中 澤 秀 紀

目指す学校像

(1) 教育目標

 本校は、「誠実・勤勉・敬愛」の校訓のもと、授業、部活動、学校行事を通して、知徳体のバランスに配慮しつつ、生徒個々の持つ特性を最大限に伸ばし、その多様な特性を学校の活力とすることを目指す学校である。その教育理念は以下のとおりである。
 「我々浜商職員は、人を大切にします。学び続けます。地域に貢献します。」という浜商職員三訓を力強く実践することにより、学ぶこと働くことを尊び、人を大切にする態度と高い志を持ち、生涯にわたって学び続けることのできる生徒の育成を目指す。そして、生徒の主体的・自発的な態度と行動を尊重し、専門的職業人、自立した主権者、より良い社会の形成者として、地域社会に貢献しようとする態度と価値観を醸成する。

(2) 目標具現化の柱

教育目標を具現化するために、「安全・安心な学校づくり」を力強く実行する。

  1. 地震、火災、台風等の災害への対応の仕方を身に付けさせる。
  2. 卒業後、更に大きく成長できるよう、学力向上を図るとともに、主体的な学習態度を身に付けさせる。
  3. 人の命の大切さや、健康の有り難さを知ることにより、交通ルールの重要さを学ぶ。
  4. 他人を大切に出来る心が育つよう、学校全体を常に穏やかな状態にする。
  5. 生徒の多様な進路に対応できる体制を整備し、個に応じた進路指導の充実を目指し、進路実現に対する安心感を抱かせる。
  6. コミュニケーション能力を高め、互いに尊重・信頼できる人間関係を育む。
  7. 生徒が抱える多様な問題に対応できるように、相談しやすい環境を整え、早期に情報共有し、チーム支援を図る。
  8. 豊かな人格形成のために、知識や教養を身に付けさせる。
  9. 人を大切にする「人権教育」を土台として、研修を充実させ、職員の資質向上を図る。
  10. 校内の情報を安全に管理できる環境を整備するとともに、効果的に発信する。
  11. 生徒が安心して学習できる環境の整備を図る。
  12. 商業科
    • (1年次:基礎基本)地域に貢献できる人材を育成するために、商業の各分野に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させるとともに、商道徳を基本としたマナー意識の醸成を図る。
    • (2年次:挑戦)地域に貢献できる人材を育成するために、高い目標を掲げ、それに向かって主体的に挑戦する姿勢を育てる。
    • (3年次:深化と実践)地域に貢献できる人材を育成するために、専門知識と技術の深化、総合化を図るとともに、社会の即戦力となる創造的・実践的な力を身に付けさせる。
  13. 学年
    • (1年)【守】社会で通用する人材の育成をするために、基本的生活習慣を確立させる指導を重点的に行い、当たり前の事を当たり前に出来る思考、行動を身に付けさせる。
    • (2年)【破】社会で通用する人材の育成をするために、自分自身の可能性を切り拓く様々な挑戦をさせ、本校の中心の学年としてふさわしい行動力、人間力を身に付けさせる。
    • (3年)【離】社会で通用する人材の育成をするために、自分自身の将来像に近づくための粘り強い努力をさせ、浜商生としてふさわしい主体的に行動する態度を身に付けさせる。また、伝統を意識させ、次世代への引継ぎをスムーズに行う。

本年度の取組

 

取組目標

達成方法(取組手段)

成果目標

担当部署

a

地震、火災、台風等の災害への対応の仕方を身に付けさせる。

避難訓練事業を年3回実施し、地区別避難方法・地震決壊情報への対応方法・災害知識講座・突発的火災発生避難を実施する。

地域ごとの集団避難の仕方を理解する。
短時間での避難・点呼の完了。

総務課

b

卒業後、更に大きく成長できるよう、学力向上を図るとともに、主体的な学習態度を身に付けさせる。

学習習慣の定着を図るとともに、生徒に考えさせる授業を推進する。

授業に主体的に取り組み、そこから充実感が得られる生徒を育てる。

教務課

c

人の命の大切さや、健康の有り難さを知ることにより、交通ルールの重要さを学ぶ。

いのちのメッセージを設置し、命の尊さを実感させる。

自転車交通安全指導件数を前年度より減少させる。

生徒課

d

他人を大切に出来る心が育つよう、学校全体を常に穏やかな状態にする。

浜商式指導方法を浸透させ、教員と生徒、教員同士、生徒同士の信頼関係を高める。

生徒の人間関係に係る問題行動「0」を目指す。

生徒課

e

生徒の多様な進路に対応できる体制を整備し、個に応じた進路指導の充実を目指し、進路実現に対する安心感を抱かせる。

進路指導室の常駐スタッフを増員し、生徒や保護者、教職員への相談体制や積極的な情報提供を行う体制づくりをする。

就職希望者全員が内定を獲得できるようにサポートする。
進学希望者の進学先決定をサポートする。

進路課

f

コミュニケーション能力を高め、互いに尊重・信頼できる人間関係を育む。

「構成的グループエンカウンター(SGE)」などを活用し、生徒・教師・保護者との良好な人間関係の構築を図る。

教師、生徒ともに人間関係づくりのスキルを理解・習得することで、今までよりも円滑な人間関係を築き、安心して学校生活が送れるようにする。

保健課

g

生徒が抱える多様な問題に対応できるように、相談しやすい環境を整え、早期に情報共有し、チーム支援を図る。

教育相談室の利用を「相談室だより」等で促す。教育相談担当者が集まる機会を月1回設け、情報共有・チーム支援につなげる。

「相談室だより」の月1回の発行。特別支援も含めて、問題を抱えた生徒に関するケース会議を早期に開催する。

教育相談室

h

豊かな人格形成のために、知識や教養を身に付けさせる。

広報・指導・調査を通して読書習慣の定着を図り、文字・活字情報の活用を徹底する。

不読者をゼロに近づける。図書館の授業利用の促進を図る。

図書課

i

人を大切にする「人権教育」を土台として、研修を充実させ、職員の資質向上を図る。

「安心・安全の日」等を年に数回設け、全ての職員が全ての授業で人権、安心・安全等に関する話をし、職員も生徒も人権感覚高揚の定着を図る。また、本校で課題となっている研修テーマを設定し、校内研修会参加を徹底する。

人権感覚を高めることによって自尊感情を育て、見抜く技術、行動する態度を身に付けるようにする。また 生徒が「大切にされている」という実感が得られるようにする。

研修課

j

校内の情報を安全に管理できる環境を整備するとともに、効果的に発信する。

学校Webページを活用し、校内の様子を外部に発信する。
緊急用メールの利用範囲を拡大するためのマニュアルを作成する。

月に2回以上のWebの更新を行う。
緊急用メールの利用マニュアルの作成メール登録の徹底を図る。

情報管理室

k

生徒が安心して学習できる環境の整備を図る。

危険個所、異常個所の早期発見、早期改善のため、施設の安全点検を定期的に実施する。

学校施設等における生徒・職員の事故及び隣接地への被害ゼロの達成を目指す。

事務部

 


静岡県立浜松商業高等学校

電話:053-471-3351 / FAX:053-475-2109

住所 : 〒432-8004 静岡県浜松市中区文丘町 4 番 11 号

本校HPに掲載する作品・データ等の著作権は本校にあり、生徒作品については原著作者である生徒本人に著作権があります。 ページの複製等については、本校ホームページの各ページ作成者の同意を得、その旨をページ上に明記して下さい。
また、本校ホームページに対する他からのリンクは、原則として教育目的なもののみ認めます。