静岡県立浜松商業高等学校

学校評議員会

第1回 | 第2回

第1回 平成27年6月22日(月)13時30分~

  1. 1 評議員(敬称略・順不同)
      (1)大澤 一夫 (布橋南自治会長
      (2)伊藤 邦彦 (会社経営)
      (3)蛯名 佐知子(会社役員
      (4)瀬戸 知也 (静岡文化芸術大学
      (5)白柳 寿明 (PTA副会長)
  2. 2 評議員会次第
       1 校長あいさつ
       2 評議員委嘱
       3 自己紹介
       4 協議
        (1)平成27年度教育方針及び学校経営計画等説明(校長)
        (2)意見交換
       5 授業・施設見学
  3. 3 校長あいさつ及び各員の提言

    校長あいさつ 

     4月に赴任、教頭所用で欠席、会議録をHPにアップする予定
     藤原校長から引き継いでいるが、どうか忌憚のない意見をお願いしたい。
     委員の皆様には、1年間、浜商の生徒のためによろしくお願いします

各委員より

  1. ○即戦力が期待されている。縁故就職が多く、私の会社は、新卒を取るのは浜商からのみ。 浜商がいいから、ということで採用。資格だが、世の中に出ると、全商よりも日商。 全商の1級を取らせることに学校の力も注がれているのでは?簿記も日商でなければ通用しない。日商用の勉強が必要。力を入れてほしい。
  2. ○地域に根付いている学校ということで、求人が良いのではないか。応援をしてくださっている感じがする。指定校推薦の枠が多く、資格についても期待をしている。スポーツは私学の方が力が入っているようだが、浜商も頑張っていると思う。文武両道で健闘しているのではないか。
  3. ○3年生に娘がいる。出欠席が気になるが、生徒数が増えているのに、欠席数は減っているので、考えた指導がなされているのではないか。娘も元気に通っている。非常にこの傾向は喜ばしい。続いてほしい。部活動も頑張っているが、ぜひ皆が注目している野球部にも頑張ってほしい。
  4. ○浜商生に求めること
  5. ・校長先生が仰った3つのことだと思う。部活を3年間続けてこれた生徒が様々なことにきちんとしている。挨拶もコミュニケーション能力もある。
  6. ・自分をきちんと持てる生徒を育ててほしい。
  7. ・学院大学が近くにあるが、大学生でさえも指示をしないと動いてくれない。
  8. ・先輩、後輩の関係が厳しかったが、今はどうなのか。先輩との関係で理不尽なことがあり、そのことによって、耐える力がついた。文化部等の生徒は、そのような機会が少ないので、学校のカリキュラムの中に、地域の職業体験を入れればどうか。
議事録PDF
このページの先頭へもどる

ご意見・ご質問等については、氏名・連絡先等をお書き下さい。
ご記入のないものについては、回答できない場合があります。
E-mail:hamamatsu-ch@edu.pref.shizuoka.jp

静岡県立浜松商業高等学校

電話:053-471-3351 / FAX:053-475-2109

住所 : 〒432-8004 静岡県浜松市中区文丘町 4 番 11 号

本校HPに掲載する作品・データ等の著作権は本校にあり、生徒作品については原著作者である生徒本人に著作権があります。 ページの複製等については、本校ホームページの各ページ作成者の同意を得、その旨をページ上に明記して下さい。
また、本校ホームページに対する他からのリンクは、原則として教育目的なもののみ認めます。